「ホスピタリティ」と「おもてなし」に関する比較研究_日语论文开题报告

日期 2019-10-26 论文相关 作者 论文辅导员 共0评论

一、论文选题的意义
近年、人々はますますいろいろな場面において心のこもった対応を求めている中、「ホスピタリティ」や「おもてなし」といった言葉をよく聞かれるようになってきた。日本においては、2020年のオリンピック開催に向かって宣伝用語に「日本的なおもてなし」という表現を用いられて以来、「おもてなし」は流行語にもなった。「おもてなし」は「ホスピタリティ」の日本語の対訳として認識されることが多い。つまり、日本では「おもてなし」は「ホスピタリティ」とほぼ同義的に思われている。現在、「ホスピタリティ」と「おもてなし」という言葉はサービス業を初めとしてさまざまな産業に使われ、重要視されている。
ところが、「ホスピタリティ」という言葉には、本来非常に多くの意味合いが込められている。そして「おもてなし」という言葉も古くから使われてきた。接客の態度において、「おもてなし」と「ホスピタリティ」には共通点が多い。しかし、よく茶道精神に求める[おもてなし]はキリスト教義に起源する[ホスピタリティ]と、文学面や企業経営などの視点においてそれぞれに独自の性格を持っていると思う。現実的に「ホスピタリティ」と「おもてなし」をよく混同する中、この二者をより議論したほうがいいと考える。
そこで、本論文は「ホスピタリティ」と「おもてなし」を語源、概念そしてサービス業経営における体現などの点から両者の異同を考察する。特に、サービス業をめぐって両者における類似点と相違点を明らかにしたい。以上によって、今後サービス業の経営の質を高めるという点だけでない、さまざまな分野にも参考できればと考える。
二、国内外研究现状
これまで「ホスピタリティ」と「おもてなし」をめぐってさまざまな先行研究が行われてきた。「ホスピタリティ」については中根貢(2012)は「ホスピタリティ」の本来の概念と考え方を正しく捉え、様々な業種、業界に適用され、組織の経営解決法に貢献しうる方法論を提案した。また、山上徹(2008)は「ホスピタリティ」は西洋における聖地への巡礼から生まれたと述べた。一方、「おもてなし」の源流については久松(2007)によると日本のおもてなし文化は、茶道文化から形成されており、日本の日常生活にもおのずから影響を与え、日本固有の礼儀作法を形成している。安田彰(2012)は「おもてなし」の概念を考察し、茶の湯から現代社会における「おもてなし」の現れまで議論し、究極な「おもてなし」について論じた。
一方、国内では、刘巍(2015)は日本企業での「ホスピタリティ」精神の紹介から中国企業に対する啓示を示した。李春霞(2012)は中国伝統的な主客関係を広げて、観光産業における「ホスピタリティ」について考察した。
以上のように、今まで多くの議論では「おもてなし」と「ホスピタリティ」の起源と概念を注目しながら、サービス業における役割を課題として検討した。そこでは、この二つの概念は同じなものだと認識するのが多くて、「ホスピタリティ」と「おもてなし」がサービス業における相違点についての議論がまた少ない。そして、その相違点が存在する原因についての考察もまた不足だと思っている。
三、论文研究的基本思路及欲解决的主要问题
第一章、「ホスピタリティ」について
第二章、「おもてなし」について
第三章、サービス業における「ホスピタリティ」と「おもてなし」
四、作者已进行的前期准备及资料搜集情况
(1)前期準備:多くの文献を読んだ基礎の上に研究の方向を確定してインターネットで、図書館の資料を調べた。この論文について、 先生やクラスメ-トと一緒に研究の方法などを討論した。
(2)資料の情況:書類、雑誌、文献資料などを調べて読んだ。
五、阶段性工作计划
第一原稿はX月X日までに、
第二原稿はX月X日までに、
最終稿はX月X日までに提出する。


ABOUT ME

无标题文档

从2013年开始做论文写手持续两年,15年有了自己的代写工作室小组,到现在已经走过了6年。在我们这里代写的同学也超过1000个人了,有需要写论文请直接联系我们,另外还可以代发70余种各类期刊。

公众号:论文辅导员

微信:lunwenser

QQ:19091364